しみ・そばかす・肝斑は治せる。コンプレックスを解消しよう

くすみは改善できる

ガサガサ肌

30~40代になった途端、顔がくすみ始めたと感じる女性は多いものです。
もちろん、年齢を重ねると共に、お肌の状態が変わっていくのは無理もないことでしょう。ですが、そのお肌のくすみは、単純なお肌の老化現象ではなく、肝斑かもしれません。
肝斑は、20代後半~40代の女性に多く現れるシミです。一般的なシミやそばかすのようにポツポツと現れるのではなく、広範囲にぼんやりと広がるのが特徴です。そのため、顔がくすんで見えたり、老けて見えたりする原因となります。

顔に、これまでと違う広めのシミができてしまったからと言って、慌ててレーザー治療に走るのは危険です。
なぜなら、そのシミが肝斑であった場合、レーザー治療によって悪化することがあるからです。
肝斑の治療は、飲み薬と塗り薬を中心に行うのが基本です。最近では、レーザーを使用する場合もありますが、肝斑治療専用の方法を用いなければなりません。
顔のシミを治療するときは、そのシミが肝斑であるかそうでないかを判断することが大切です。そのためには、専門医の診察を受け、シミの種類を判断してもらう必要があります。

肝斑ができてしまうと、「もう一生お肌がくすんだままなのでは・・・」と、ショックを受けてしまう女性も多いことでしょう。
ですが、肝斑は、適切な治療をすれば改善できるシミだと言われています。飲み薬と塗り薬のみの治療でも、数ヶ月間じっくり続ければ、きっと効果が現れることでしょう。
肝斑専用のレーザートレーニングを併用すれば、さらにスピーディーで高い効果が期待できます。
諦めずに、まずは専門の皮膚科や美容外科を受診することが大切です。