しみ・そばかす・肝斑は治せる。コンプレックスを解消しよう

メカニズム

顔を洗う

シミ、そばかす、肝斑はお肌の大敵です。
いずれもシミの仲間ですが、その原因や症状はそれぞれ異なります。ただし、紫外線が発症や悪化につながるという点は共通しています。
紫外線がどのように肌にシミを作るのか、そのメカニズムを考えてみましょう。

シミは、肌のとても浅い部分で発現しています。肌表面から深さ0.3ミリ程度のところにあるメラノサイトという細胞が、シミのもととなるメラニンを生成するのです。
肌に紫外線が当たると、メラノサイトに「メラニンを作りなさい」という命令が出されます。本来、このメラニンは、紫外線から肌の細胞核を守るために作られているのです。そして、肌のターンオーバーに合わせて、角質と共にメラニンも剥がれ落ちていきます。
ところが、紫外線を浴び過ぎたり、ターンオーバーが乱れたりすると、お肌の中にメラニンが溜まってしまいます。その結果、皮膚に色素沈着してシミとなってしまうのです。

最も一般的なシミである老人性色素斑は、上記のメカニズムの通り、紫外線が原因で発症します。
一方、そばかすは遺伝的な要因によって発症し、肝斑は女性ホルモンやストレスが原因だと言われています。ですが、そばかすと肝斑も、紫外線の影響によって濃くなると言われているのです。
やはり、紫外線対策を入念にすることが、シミ・そばかす・肝斑からお肌を守るための基本だといえるでしょう。