しみ・そばかす・肝斑は治せる。コンプレックスを解消しよう

薬で治療

青い錠剤

お肌に深刻な悩みを抱える人なら、誰でも一度は、レーザー治療を考えたことがあることでしょう。
ですが、レーザーを使うことに抵抗を感じたり、通院が難しかったりという理由から、治療をためらっている人もいるかもしれません。
そんな人は、レーザー以外のしみ取り治療を受けることをオススメします。
皮膚科や美容外科では、レーザー治療以外にも、飲み薬や塗り薬を用いたしみ取り治療法があるのです。

忙しい人に特にオススメなのが、塗り薬による治療です。塗り薬の場合、何度も病院に足を運ぶことなく、自分のペースでしみ取り治療をすることができます。
医療機関によっては、一度診察を受ければ、その後は薬を自宅まで配送してくれる場合もあります。仕事が忙しい人や、子育て中で外出しづらい人でも、気軽にしみ取り治療をすることができるでしょう。
塗り薬は、老人性色素斑からそばかす、肝斑まで、種類を問わず様々なしみの治療に用いられています。

肝斑は、飲み薬による治療で効果が期待できるしみです。
トラネキサム酸という薬は、肝斑に効果的であるとして、多くの医療機関で用いられています。トラネキサム酸には、しみの原因となるメラニンの生成を抑える働きがあるのです。
肝斑の治療では、トラネキサム酸と塗り薬とを併用して行うことが多いでしょう。また、レーザー治療を行う場合でも、飲み薬と塗り薬を併用することで、さらに高い効果が期待できます。

このように、お肌の敵であるしみ、そばかす、肝斑は、薬でも治療することができるのです。
専門の皮膚科や美容外科を受診すれば、自分に合った治療法がきっと見つかることでしょう。